Latest Posts

Read my stories

ビジネス

インドネシアにあなたの食品を輸入する方法は?

食品・飲料部門はインドネシアにとって大きなビジネスチャンスです。これは、西洋料理やエスニック料理や飲み物に対する中産階級の人口の増加によるものです。 一方、輸入されたすべての食品および飲料は、販売される前にインドネシア食品医薬品管理庁(BPOM)から許可を取得する必要があるため、国際的な投資家はインドネシアの法律を遵守する必要があります。 この記事では、食品および飲料品目の…
デザインビジネスブランディングマーケティング

エージェンシーは持続可能なモデルとどのように協力して世界に貢献していますか?

Mandreelで採用しているサステナブルモデルを語るには、まずサステナブルブランディングとその広告業界への影響について説明する必要があります。持続可能なブランディングとは、特定のブランドや企業に求められる社会的な期待と同等の価値を創造する広告プロセスと定義されます。 この「社会的価値」を生み出すためには、現代の社会環境の中で、ブランドや広告代理店が行う評価・分析が唯一の方法です。一方、持続可能なブランディングは、社会が企業に求めるニーズや期待から生まれるため、ブランドは自分たちの価値を適合させ、首尾一貫した広告キャンペーンを通じてそれを広めるためにあらゆる努力を払います。 Mandreel…
ビジネス

オンラインショップ運営

オンラインショップの宣伝といったらどんな手法を思いつくでしょうか?まずは、ショップということで、口コミでしょうか?もちろんこれも大事な要素です。しかし、これはなかなか意識して生み出すものではありません。あらゆる施策を実施した上で、結果として享受できるものです。そこで、ここでは触れないことにします。もう一つは広告を出すことでしょう。これは、かなりシンプルと言えばシンプルです。なにせ、お金を払って、特定の層にアクセスできるのですから。しかし、広告の効果は一時的です。しかもそのたびにお金がかかります。 そこで今回注目したいのがです。これは簡単に言えば、Googleにどのように表示してもらえるんかを司る学問です。これを理解することで、より多くの人にウェブサイトが見てもらえるようになります。しかも、記事を一度書いてしまえば、それはオンラインに半永久的に残り、そこから継続的にトラフィックが獲得できるのです。広告に比べると、圧倒的に将来が有望な手法です。だからこそ、記事作成にお金をかけることも賢明です。…
ビジネス

プロフェッショナルな名刺を作成するポイント

特にビジネスシーンでは、この小さなカードがあなたのキャラクターや企業を示す「顔」となる存在になります。フォント、画像やイメージ、色、カードストック、および正しい仕上げ方法を使用する事で、あなたの会社の肯定的なイメージを表現する「顔」を作成することが可能になります。その上、独自性がありユニークさを演出するデザインの構成も非常に重要となります。 名刺は見た目はもちろん、人の目を引く、見ていて楽しいデザインにすることで、あなたのブランドや会社の印象を向上することに繋がります。 この記事では、より魅力的なデザインを構成する方法をご紹介します…
ビジネス

シンガポールでの企業登記手続きはどのように行われますか?

企業とは、株主や取締役とのアクセスとは別個で明確な、法人に他なりません。シンガポールでは、アドインに新しいものはないため、企業登記は標準的な手順を取ります。上場企業でも未上場企業でも、証明が必要なのでライセンスを取得します。事業主と株主は登記手続きを遵守し、管理・任命する必要があります。シンガポール登記法によると、登録時に当局に提出された重要文書が含まれます。シンガポールの3Eアカウンティングおよび法人に準拠しているため、登記には多くの要件があります。登記手続きが始まると、多くの条件を設定するプロセスがあります。18歳以上のビジネスマンがこの登記手続きを行うことが、シンガポールでは許可されています。企業にとっては、最も効率的な税構造が提供されます。 シンガポールでの企業登記で従うべき手順は以下の通りです。 法人登録するために、申請者は事前にガイドラインを注意深く確認しなければなりません。証明書番号とSingPassを使用することで、登記手続きをすることができます。それらがないと、シンガポールでの登記資格がありません。…
ビジネス

シャチハタを使用する上での4つの利点

会社印は、以前は全ての企業が所有する必要のある重要なオフィスツールでした。会社は重要な書類が適切に承認されリリースされる事を主に目的としています。会社印がない書類は、有効なものだと見なされません。 しかしここ数年、新しく改正された法律と規定により、会社印は必須なものではなくなりました。前途に書かれた通り新しい法律によって、書類は会社の取締役または権限のある任命された者からの署名さえあれば有効として見なされるようになりました。 法律は改正されましたが、会社の取締役の判断によっては会社印を必要とするかどうかを決める発言を持っています。会社印を必要としないと考えている方のために、会社印の利点と用意しておいた方が良い理由が下記に書かれています。 1.海外企業 会社が成長するにつれて、いずれ大企業とのビジネスをする機会に巡り会う可能性があります。将来的に外国企業と提携をとるチャンスが出てくるかもしれません。他の国では違う規則やルールがある場合が多々あります。つまり、書類の承認や決裁の際に、会社印を必要とする国がまだあるという事です。これらの機会に巡り会う可能性があるので、自社または自分専用の会社印を用意しておくことが賢明だと言えるでしょう。海外の裁判所などが書類を有効と見なす事ができるように、会社印を用意し、常に最善の準備をしておきましょう。 2.

Follow me

on Instagram