ビジネス

シャチハタを使用する上での4つの利点

会社印は、以前は全ての企業が所有する必要のある重要なオフィスツールでした。会社は重要な書類が適切に承認されリリースされる事を主に目的としています。会社印がない書類は、有効なものだと見なされません。

しかしここ数年、新しく改正された法律と規定により、会社印は必須なものではなくなりました。前途に書かれた通り新しい法律によって、書類は会社の取締役または権限のある任命された者からの署名さえあれば有効として見なされるようになりました。

法律は改正されましたが、会社の取締役の判断によっては会社印を必要とするかどうかを決める発言を持っています。会社印を必要としないと考えている方のために、会社印の利点と用意しておいた方が良い理由が下記に書かれています。

1.海外企業

会社が成長するにつれて、いずれ大企業とのビジネスをする機会に巡り会う可能性があります。将来的に外国企業と提携をとるチャンスが出てくるかもしれません。他の国では違う規則やルールがある場合が多々あります。つまり、書類の承認や決裁の際に、会社印を必要とする国がまだあるという事です。これらの機会に巡り会う可能性があるので、自社または自分専用の会社印を用意しておくことが賢明だと言えるでしょう。海外の裁判所などが書類を有効と見なす事ができるように、会社印を用意し、常に最善の準備をしておきましょう。

2. よりプロフェッショナルに見える

必須ではなくなったものの、会社印を使用する事で、承認した書類がよりプロフェッショナルかつ正式なものに見えるようになります。フォーマリティを重視する企業も中にはあるので、その様な会社と取引をする際は、必要不可欠なものになってきます。会社印はエレガントな外見を放ち、良い印象を与えるツールとしても活用可能です。

3.ミスを回避

権限のある役員または取締役の署名によって書類が承認された後、会社印のマークを残しておく必要があるので、最後まで書類の内容や詳細を細かく確認する事ができ、結果的にミスを防げるようになります。会社印を最後にスタンプするということは、決定と判断が最終的なものであり、記載されている内容に間違いが無い事を意味します。会社印は、書類の内容に注意を払う事を思い出させる道具であるので、結果的に最初から最後まで間違いが無いかを確認できます。

4.便利さ

場合によっては、書類の承認をするための署名を会社印に置き換える事も可能です。会社印は、権限のある役員や取締役が不在で至急書類を承認しなければいけない場合、彼らの代わりに使用する事ができ、とても役に立ちます。

長期使用すると考えた場合、自社または自分専用のものを所持していてもそれほど悪いことはないと言えるでしょう: ユーザーの利便性を最大限に高める為にも、自分のニーズと希望に合う会社印をwww.kiasuprint.comの専門家と相談し、購入する事をお勧め致します。

Related posts
ビジネス

シンガポールでの企業登記手続きはどのように行われますか?

ビジネス

適切なペット専用のおやつを購入する際のヒント

ビジネス

意識だけで異世界移住はできる

ビジネス

究極の自己反省型人間になるために

Sign up for our Newsletter and
stay informed