ビジネス

シンガポールでの企業登記手続きはどのように行われますか?

企業とは、株主や取締役とのアクセスとは別個で明確な、法人に他なりません。シンガポールでは、アドインに新しいものはないため、企業登記は標準的な手順を取ります。上場企業でも未上場企業でも、証明が必要なのでライセンスを取得します。事業主と株主は登記手続きを遵守し、管理・任命する必要があります。シンガポール登記法によると、登録時に当局に提出された重要文書が含まれます。シンガポールの3Eアカウンティングおよび法人に準拠しているため、登記には多くの要件があります。登記手続きが始まると、多くの条件を設定するプロセスがあります。18歳以上のビジネスマンがこの登記手続きを行うことが、シンガポールでは許可されています。企業にとっては、最も効率的な税構造が提供されます。

シンガポールでの企業登記で従うべき手順は以下の通りです。

法人登録するために、申請者は事前にガイドラインを注意深く確認しなければなりません。証明書番号とSingPassを使用することで、登記手続きをすることができます。それらがないと、シンガポールでの登記資格がありません。

会社名と住所を決める

事業をスタートするのに登記手続きは必須ですが、同時に会社名と住所も決めなければいけません。ACRAで住所が承認されるとすぐに、事業所名が手続き上設定されます。名前の承認と却下の通知は、公式委員会に提出されます。対応する外部政府当局に従い、いくつかの文書が必要になる場合があります。会社名の迅速な承認手続きのために、会社名は一意的で独自性のあるものにしましょう。

企業定款の提出

シンガポールの企業登記には詳細資料が必要で、法的文書を収集して提出しなければなりません。面倒な管理をせずアクセスするためにより多くの機能を取得する必要があるときに、法的文書を作成します。レポートが認証に進んだ時に、登記手続きもさらに進みます。必要書類は、登録可能な定款に従って作成および起案しなければなりません。

BizFile+で登記を完了する

書類が認証されると、定款を作るための住所の提出準備が整います。会社概要として、取締役の詳細などを共有します。事業主は登録料を支払う必要があり、払うと15分以内に設定されます。承認のためのレビューを取得する場合、企業登記のセットアップには、14日から2か月かかります。企業登記は15分以内に完了し、承認レビューのための申請書が送られてきます。

株主間契約の起草

企業定款とは別に、企業登録には株主間契約で必要な法的文書があります。文書全体を、株主、取締役、管理者などのさまざまな関係者に提出する必要があります。登記開始時に、株主間契約は該当する企業の詳細を提供します。株主とのスムーズな契約を可能にし、掲示します。社内のさまざまなビジネスパーティーと最小限にします。

事後登録

ACRAは、会社の設立を確認する正式なメール通知を送信します。証明書のハードコピーは後々も入手可能であり、シンガポールで必要になります。ハードコピーの証明書の料金は約50ドルです。したがって、シンガポールでの企業登記は、事業主がそれに応じて登録することで、重要な役割を担っています。詳細はA1 Businessのウェブサイトでご確認ください。

Related posts
ビジネス

シャチハタを使用する上での4つの利点

ビジネス

適切なペット専用のおやつを購入する際のヒント

ビジネス

意識だけで異世界移住はできる

ビジネス

究極の自己反省型人間になるために

Sign up for our Newsletter and
stay informed